CSV(コンピュータ化システムバリデーション)への対応

製薬業界・医療業界等においてはコンピュータシステムのバリデーション(Computerized System Validation - CSV)という、コンピュータシステムの信頼性のみならずハードウエア、ソフトウエア及び操作方法や運用方法を含めたプロセス全体の信頼性を保証する考えがスタンダードとなっており、高いセキュリティ機能が求められています。
BarTenderでは米国 CFR21,Part11および各国のCSV規格に対応を可能とするアクセス権限、電子署名、履歴管理を利用可能です。
下記PDF文書をごらんください。

BarTender 2016 Enterprise Automaiton版では Administration Console にてセキュリティ関連の設定を行うことができ、システムデータベースにて履歴管理を実現できます。

Tag: PDF文書 使い方 Administration Console システムデータベース V2016

Short URL :