システムデータベースの概要

システムデータベースはBarTender各アプリケーションのエラーや警告メッセージ、印刷ジョブのログ等を記録する、SQL Server上のデータベースです。
Automation版以上で利用できます。

Automation版で利用できる機能

  • HistoryExplorerによりログの閲覧・分析
  • ReprintConsoleにより破損・紛失したラベルを再印刷
  • System Database SDK によりログのデータを利用
  • グローバルデータフィールドによりラベル上の変数を複数ドキュメントで共有

Enterprise Automation 版のみの機能

  • 外部SQLServerに複数のBarTenderクライアントからのログを集約
  • Librarianによりドキュメントを保存しバージョン管理
  • Administration Consoleで操作の許可・拒否をログに記録
  • Integrationでクラウドストレージの設定を保存

以下のPDF文書ではシステムデータベースの概要とセットアップ・運用方法を記載しています。

BarTender 2016対応

BarTender 10.1対応 (9.3以降はほぼ同様です)